Category
弁理士試験のお薦め参考書
弁理士試験のお薦め参考書
2017年版弁理士試験 体系別 短答過去問 特許法・実用新案法・意匠法・商標法
2017年版弁理士試験 体系別 短答過去問 特許法・実用新案法・意匠法・商標法 (JUGEMレビュー »)
東京リーガルマインド LEC総合研究所 弁理士試験部
間違えた問題に印を付けて繰り返し問題を解きましょう。通勤時間の勉強にもおすすめです。
弁理士試験のお薦め参考書
理系のための法学入門―知的財産法を理解するために
理系のための法学入門―知的財産法を理解するために (JUGEMレビュー »)
杉光 一成
理系にとってはなじみのない法律の基本を勉強するのに便利です。
弁理士試験のお薦め参考書
弁理士試験のお薦め参考書
弁理士試験のお薦め参考書
工業所有権法(産業財産権法)逐条解説〔第19版〕
工業所有権法(産業財産権法)逐条解説〔第19版〕 (JUGEMレビュー »)

いわずと知れた「青本」です。弁理士試験の勉強を始めるなら最初に購入すべき参考書です。まずは辞書的に使用して、学習が進んできたら一度通読するとよいでしょう。
弁理士試験のお薦め参考書
工業所有権(産業財産権)法令集 第58版(全2冊)
工業所有権(産業財産権)法令集 第58版(全2冊) (JUGEMレビュー »)

施行規則、様式等を参照する場合に重宝します。論文試験を受験すると法令集が貰えるので、論文試験を受けた人であれば買う必要はありません。
弁理士試験のお薦め参考書
弁理士試験のお薦め参考書
弁理士試験のお薦め参考書
パリ条約講話―TRIPS協定の解説を含む
パリ条約講話―TRIPS協定の解説を含む (JUGEMレビュー »)
後藤 晴男
最近、条約が重視されているので、再び重要になってきています。
弁理士試験のお薦め参考書
法律学講座双書 工業所有権法〈上〉特許法
法律学講座双書 工業所有権法〈上〉特許法 (JUGEMレビュー »)
中山 信弘
特許法概説(吉藤)に代わる基本書として使用しました。キーワードを覚えて論文で使いましょう。
弁理士試験のお薦め参考書
弁理士試験代々木塾式・判例セレクト知的財産法〈2〉
弁理士試験代々木塾式・判例セレクト知的財産法〈2〉 (JUGEMレビュー »)
大塚 康英,広田 浩一
判例セレクトその2もあります。
弁理士試験のお薦め参考書
弁理士試験代々木塾式・判例セレクト知的財産法
弁理士試験代々木塾式・判例セレクト知的財産法 (JUGEMレビュー »)
大塚 康英,広田 浩一
判例の勉強法としては、この本だけでほとんど十分でした。
Links
Admin
Profile
Search
メルマガ配信中
メールマガジン版「弁理士試験の効率的勉強法」をお届けします
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
リンクフリー
相互リンク
どのページでもご自由にリンクください。リンクタグを表示する
特許・弁理士関係のサイトの相互リンクも歓迎です。ジョン
広告
Sponsored links
Mobile
qrcode
★★弁理士試験の虎の巻!★★弁理士試験の合格マニュアル
スポンサーサイト
2016.12.03 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
弁理士のスキルアップ
2016.03.30 Wednesday 21:38
いつも応援ありがとうございます!
にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へにほんブログ村

弁理士になった後のスキルアップについて考えてみたいと思います。
弁理士の数が増えた今、弁理士資格は十分条件ではなく必要条件になりつつあります。
つまり、まずは弁理士にならないと話にならないということです(特許事務所勤務の場合)。
特許系弁理士のスキルアップの方向として、以下のものが考えられます。
いずれにしろ、単なる弁理士ではなく、得意分野がある弁理士になることが大事です。

(1)専門技術(例えば化学、バイオ、電気、情報通信、機械など)を極める
資格としては、技術士、薬剤師、博士などがあると思います。
弁理士である以上は、専門分野が一応あるはずですが、それを更に深めるイメージです。
ドンピシャの技術を使っている出願人にとっては、頼れる弁理士になるでしょう。

(2)外国出願を極める
資格としては、米国特許弁護士、欧州弁理士などがあります。
日本人の弁理士で米国特許弁護士や欧州弁理士でもある方がいます。
皆さん、海外で活躍されています。
海外の資格は持っていないにしても、外国特許制度に詳しければ日本の出願人にかなり需要があります。
日本の出願人は、外国出願を増やしているからです。
ただし、外国出願は最終的に外国代理人が手続きしますので、日本の弁理士の立場は危ういかもしれません。
つまり、日本の出願人が直接外国代理にとやりとりするのであれば、弁理士の出る幕はあまりありません。

(3)訴訟等の権利化後業務を極める
資格としては、侵害訴訟代理の付記登録、弁護士などがあります。
弁護士はもちろんかなりハードルが高いです。
弁護士が増えたといっても、技術に詳しい弁護士は貴重です。
また、侵害訴訟、ライセンス契約などに詳しければ需要はあります。
極めるには弁護士資格は欲しいところです。

(4)特許事務所の経営を極める
資格としては、MBA、中小企業診断士などがあります。
知財コンサルティング、知財価値評価など今はやっていますが、実際にどの程度需要があるのかは未知数です。
経営コンサルティング会社で仕事をすることになるのかもしれませんが、
そうなるとそもそも弁理士である必要性はないかもしれません。
また、他社をコンサルティングするのではなく、自ら経営者になるという選択肢もあります。
特許事務所を経営して、従業員を雇うということです。
独立して成功するという道です。それには、経営者としての素質が必要です。
つまり、営業力、マネジメント力などが必要です。

(5)外内業務を極める
資格としては、TOEICなどがあります。
弁理士でも英語がからっきしダメだと外内業務を行うことは困難です。
ほぼ外内業務しかやっていない特許事務所もあるので、需要はあります。

| ジョン | エンジニアから弁理士への転職 | - | - | pookmark |
弁理士を目指したきっかけ
2016.03.26 Saturday 06:33
いつも応援ありがとうございます!
にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へにほんブログ村

弁理士を目指したきっかけを改めて思い出すことがありました。
私の場合は大学の生協に置いてあった資格取得の宣伝で弁理士を知りました。
これからの世の中は専門性を身につけないといけないと思っていて、理系の資格を探していました。
博士号、技術士、公務員(技術系)、弁理士なんかが理系の資格としてあるんだ、というくらいの理解でした。
ただ、弁理士試験というのは相当難関で、しかも法律を勉強する必要があるので、
存在は知ったものの挑戦することは当時全く考えませんでした。

その後、技術者として民間企業に就職したのですが、1年後には弁理士試験の挑戦を決めることになりました。
自分が技術者として向いていないと思ったのと、社外でも通じる専門性として資格が良いのではと思ったからです。
幸い、弁理士試験の受験制度も変わって選択科目が免除され、合格者を増やしているという背景もありました。
また、LECの弁士試験対策本を読んでみたところ、法律の話が意外に興味深かったこともあります。
学生時代は法律と聞いただけで拒否反応を示すくらいだったのですが、実際に法律を勉強してみると、
まるで数学のようでスッキリ理解できたからです。
就職した民間企業で将来性に疑問を感じて転職したいと思っていたこともあります。
上記のように色々な理由があり、弁理士試験に挑戦することを決めたのです。

当時の心境を思い出すと、これからも頑張ろうという意欲が沸いてきます。
知財の知識を常にアップデートし、英語の能力をもっと向上させることが今の自分の課題です。
| ジョン | エンジニアから弁理士への転職 | - | - | pookmark |
知財業界は求人が豊富
2014.02.10 Monday 22:53
知財業界は他の業界に比べて求人が豊富です。
パテントサロンの求人情報は充実しています。
転職が多くて抜けた人材を募集していることもあるかと思いますが、
業績を伸ばしていて人手不足になっていることもあるかと思います。
いずれにしろ、特許事務所の求人は多いので、
弁理士試験に合格すれば、どこかの特許事務所には入れる可能性が高いと言えます。
そして、特許事務所で実務能力をしっかり高めていけば、
どこからも欲しいと思われる人材になるはずです。
弁理士の人数は増えている状況ですから、弁理士であることは、これから必要条件になっていくと思われます。
特許事務所または知財部で実務をしている人はもちろん、
実務未経験の人もまずは弁理士資格を取得することが知財業界で生き残る上で重要になってきています。


いつも応援ありがとうございます!
にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へにほんブログ村
| ジョン | エンジニアから弁理士への転職 | - | - | pookmark |
知財業界は転職者が多い
2012.10.04 Thursday 06:44
知財業界は転職者が多いのが特徴です。
特に、特許事務所では殆ど全員が転職者と言っても過言ではありません。
したがって、転職者を部外者扱いする雰囲気は全くありません。
また、自分に合わなければすぐに転職することが可能です。
求人情報をみても常に多くの事務所が求人しています。
人材はとても流動的です。
知財業界はまだまだ良質な人材を必要としているので、
チャンスは大いにあると思います。


いつも応援ありがとうございます!
にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へにほんブログ村
| ジョン | エンジニアから弁理士への転職 | - | - | pookmark |
弁理士の仕事
2012.09.29 Saturday 06:52
今回は弁理士の仕事についてご紹介します。
一口に弁理士といっても、まず大きく2つに分かれます。
(1)特許系弁理士
(2)商標系弁理士

(1)特許系弁理士
仕事量は商標等に比べると圧倒的に多いです。
したがって、世の中の弁理士の8割くらいは特許を扱っている感じです。
特許を扱う以上、技術的なバックグラウンドが要求されます。
理系の大学出身者が多いです。
また、企業で研究開発を経験していた人も多いです。
ちなみに、実用新案も扱いますが、実用新案の仕事は殆どありません。

(2)商標系弁理士
特許に比べると少ないですが、商標の仕事もそこそこあります。
商標に加えて、意匠、著作権などを扱うこともあります。
文系の大学出身者が多いです。
特に法学部出身者が多いと思います。
ただ、弁護士も商標の分野に進出しており、競争は激しいようです。

(1)については、技術分野で更に分類されます。
主に、電気、機械、化学と分類されますが、
電気と機械の両方を扱う弁理士も多いです。
ただ、化学は独立している感じです。

9/30(日)16:00までは下記講座を始め種々の講座が20%OFF+5%OFF(クーポン)とのことです!
2013年合格目標: 1年合格ベーシックコース(通信)【佐藤/宮口クラス】

もし講座を取ろうと思っている方はチェックしてみてください!

いつも応援ありがとうございます!
にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へにほんブログ村
| ジョン | エンジニアから弁理士への転職 | - | - | pookmark |
特許事務所への転職
2011.10.25 Tuesday 21:54
思い起こせば企業の研究所から特許事務所に転職して早10年近くが経とうとしています。
エンジニアだった私は、かねてから興味のあった知財の仕事がしたいと思って、
思い切って特許事務所に転職しました。

転職して間もなくは、特許明細書の作成スキルを身につけるのと同時に、
弁理士試験の勉強もしていたので、大変な忙しさでした。
でも今思うと、その時の頑張りがあったからこそ、
その後の合格があったのだと思います。

平日は夜9時近くまで仕事をしていたので、
通勤電車で勉強をするくらいしかできませんでした。
その分、土日はLECに通って朝から夕方まで勉強していました。
もちろん、土日のうちどちらかはスポーツなどで気晴らしをしていました。

受験生の皆さんも今は苦しいとは思いますが、
その苦労も合格を勝ち取るまでです。
合格まで頑張り抜きましょう!


弁理士試験ブログランキングに参加しています!
お陰様で現在ランキング1位となっています。
応援ありがとうございます!
にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へにほんブログ村
| ジョン | エンジニアから弁理士への転職 | - | - | pookmark |
転職
2011.08.11 Thursday 00:03
知財業界に転職するのでしたら、
パテントサロン
に求人情報が載っているので、参考にしてみてください。
私はメーカーから特許事務所に転職しましたが、
インターネットで情報収集しました。
特許事務所であれば、ホームページを見ると、
その事務所の姿が見えてくると思います。


弁理士試験ブログランキングに参加しています!応援ありがとうございます!
にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へにほんブログ村
| ジョン | エンジニアから弁理士への転職 | - | - | pookmark |
知財業界への転職
2010.11.23 Tuesday 22:11
知財業界への転職を考えているなら、
弁理士試験が終わったこの時期に多くのチャンスがあります。
弁理士試験の合格者を狙って多くの特許事務所などが人員を募集しているからです。
もちろん、弁理士試験に合格していなくてもチャンスはあります。
しかし、少なくとも弁理士試験に挑戦しているという姿勢はアピールしたいところです。
知財業界も不況のあおりを受けているのは事実ですが、
高い実務能力を持つことができれば、就職に困ることはないでしょう。


弁理士試験・弁理士ブログランキングに参加しています!応援ありがとうございます!
にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へにほんブログ村にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へにほんブログ村
| ジョン | エンジニアから弁理士への転職 | - | - | pookmark |
特許事務所か企業の知的財産部か
2010.09.02 Thursday 21:51
弁理士の就職先としては、
主に

1.特許事務所
2.企業の知的財産部

があります。
仕事は、企業の知的財産部から特許事務所に流れます。
よって、特許事務所にとって、企業の知的財産部はお客様です。
特許事務所は、お金をもらう側ですから、
企業の知的財産部に頭が上がりません。
一方、給料は通常、特許事務所の方が高くなります。
これは世の中の摂理です。

■リクルート
リクナビネクスト

■メイテックネクスト
エンジニア専門の転職支援


■毎日コミュニケーションズ
人材紹介・転職のことなら─マイコミエージェントの人材紹介サービス


転職をするなら、まずは転職サイトに登録してみましょう。


弁理士試験ブログランキングに参加しています!応援ありがとうございます!
にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へにほんブログ村

↓↓弁理士試験の勉強にはLECの講座が一番役に立ちました!!↓↓


| ジョン | エンジニアから弁理士への転職 | - | - | pookmark |
転職するなら今が狙い目
2009.10.03 Saturday 07:52
弁理士ブログランキングに参加しています!応援宜しくお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


弁理士試験の合格テクニックをご覧になりたい方はこちらへ!

弁理士試験の論文試験の合格発表が終わると、
知財業界の求人情報が増えます。
論文試験に合格すればほぼ弁理士になれるので、
そのような人を採用したいからなのでしょう。
例えば、ぱてんとさろんには、企業、特許事務所、大学など
豊富な求人情報があります。
転職するなら、求人情報が豊富なこの時期が狙い目です。
ちなみに私の場合、狙っていたわけではないのですが、
この時期に転職しました。
検索サイトで見つけた特許事務所に3つほど応募して、
そのうちの1つに入所しました。
| ジョン | エンジニアから弁理士への転職 | - | - | pookmark |
←back 1/3 pages next→