Category
弁理士試験のお薦め参考書
弁理士試験のお薦め参考書
2017年版弁理士試験 体系別 短答過去問 特許法・実用新案法・意匠法・商標法
2017年版弁理士試験 体系別 短答過去問 特許法・実用新案法・意匠法・商標法 (JUGEMレビュー »)
東京リーガルマインド LEC総合研究所 弁理士試験部
間違えた問題に印を付けて繰り返し問題を解きましょう。通勤時間の勉強にもおすすめです。
弁理士試験のお薦め参考書
理系のための法学入門―知的財産法を理解するために
理系のための法学入門―知的財産法を理解するために (JUGEMレビュー »)
杉光 一成
理系にとってはなじみのない法律の基本を勉強するのに便利です。
弁理士試験のお薦め参考書
弁理士試験のお薦め参考書
弁理士試験のお薦め参考書
工業所有権法(産業財産権法)逐条解説〔第19版〕
工業所有権法(産業財産権法)逐条解説〔第19版〕 (JUGEMレビュー »)

いわずと知れた「青本」です。弁理士試験の勉強を始めるなら最初に購入すべき参考書です。まずは辞書的に使用して、学習が進んできたら一度通読するとよいでしょう。
弁理士試験のお薦め参考書
工業所有権(産業財産権)法令集 第58版(全2冊)
工業所有権(産業財産権)法令集 第58版(全2冊) (JUGEMレビュー »)

施行規則、様式等を参照する場合に重宝します。論文試験を受験すると法令集が貰えるので、論文試験を受けた人であれば買う必要はありません。
弁理士試験のお薦め参考書
弁理士試験のお薦め参考書
弁理士試験のお薦め参考書
パリ条約講話―TRIPS協定の解説を含む
パリ条約講話―TRIPS協定の解説を含む (JUGEMレビュー »)
後藤 晴男
最近、条約が重視されているので、再び重要になってきています。
弁理士試験のお薦め参考書
法律学講座双書 工業所有権法〈上〉特許法
法律学講座双書 工業所有権法〈上〉特許法 (JUGEMレビュー »)
中山 信弘
特許法概説(吉藤)に代わる基本書として使用しました。キーワードを覚えて論文で使いましょう。
弁理士試験のお薦め参考書
弁理士試験代々木塾式・判例セレクト知的財産法〈2〉
弁理士試験代々木塾式・判例セレクト知的財産法〈2〉 (JUGEMレビュー »)
大塚 康英,広田 浩一
判例セレクトその2もあります。
弁理士試験のお薦め参考書
弁理士試験代々木塾式・判例セレクト知的財産法
弁理士試験代々木塾式・判例セレクト知的財産法 (JUGEMレビュー »)
大塚 康英,広田 浩一
判例の勉強法としては、この本だけでほとんど十分でした。
Links
Admin
Profile
Search
メルマガ配信中
メールマガジン版「弁理士試験の効率的勉強法」をお届けします
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
リンクフリー
相互リンク
どのページでもご自由にリンクください。リンクタグを表示する
特許・弁理士関係のサイトの相互リンクも歓迎です。ジョン
広告
Sponsored links
Mobile
qrcode
★★弁理士試験の虎の巻!★★弁理士試験の合格マニュアル
弁理士になったら次は英語の勉強
2013.11.11 Monday 22:46
弁理士にとって英語は重要です。
弁理士試験に合格したら、次は英語力の向上を考えるとよいでしょう。
英語力の指標としては、TOEICが最もメジャーです。
以前、TOEICの効率的勉強法というブログを作成して、TOEICの点数を上げるコツを書きました。
以下に抜粋した記事は、TOEICの点数アップに役に立つかもしれません。

■Readingの時間配分の戦略を立てよ
Readingは75分です。このうち、Part 5,6に費やせるのは20分くらいです。
残りの55分はPart7にまわすべきです。
そうすると、Part 5,6は瞬時の判断で解くしかありません。
幸い語彙の問題等は知っているかどうかの問題なので考えても答えはでません。
よって、いずれにしろ瞬時に答えを決めてしまいましょう。
Part7に55分程度残しておくと、1問あたり1分程度で解ければ比較的落ち着いて進められます。
このとき、自分のペースは大丈夫か途中で1回は確認した方がよいと思います。
そうしないと、あと5分しか残ってないのに15問も残ってる!という事態になりかねません。

■リスニング(Part 3 & 4)の解き方
Part 3 & 4は、比較的点数が取りにくいところです。
ここで点数を稼ぐにはどうしたらよいでしょうか。
まず大事なのは問題の先読みです。
例題の説明をしている時間などを利用して予め問題と選択肢を読んでおくのです。
最初の全ての問題と選択肢を予め読んでおけば、
最初の会話やスピーチを聞きながら答えがでてきたら選択肢を選ぶことができます。
この聞きながら答えをマークしていくところがポイントです。
聞きながらなので、マークシートを塗りつぶす時間はありません。
マークシートに点を打つだけです。
このように聞きながら回答していくと、最後まで聞かなくても全ての問題が解けます。
そして、問題が全て解けたら、まだ会話が続いていたとしても、次の問題の先読みを始めます。
少なくとも問題文を予め頭に入れて会話を聞くと点数がアップします。
これは、何に集中して聞けばいいかが決まるからです。
問題になるところだけアンテナを張って聞けばよいのです。

■長文読解(Part7)の解き方
Reading問題のうち、最も時間がかかるのが長文読解(Part7)です。
このPart7は慣れてしまえば比較的点数が取り易くなります。
まず、Part7でどんな文章が出てくるか予め知っておくと有利です。
例えば、商品が届かないというクレームの手紙、就職時の申込書、
レストランのメニューなどは頻出です。
解き方としては、まず長文の全体をぱっと見てどの種の文書なのか一瞬で判別します。
そして、本文は読まずに問題文を読みます。さらに、最初の選択肢を読みます。
この最初の選択肢が合っていようが間違っていようが関係ありません。
その後、本文を読み出します。そして、問題の答えが出てくるところまで読み進めます。
答えが分かる箇所に来たら全ての選択肢を見て正解を選びます。そして2問目に進みます。
同様に最初の選択肢を見て、先ほど中断した場所から本文の続きを読みます。
そして2問目の答えが出てくるところまで進みます。
通常、問題の並びと本文は対応しているので、この方法は非常に有効です。
そして、問題が全て終わったら本文を最後まで読んでいなくてもおしまいにします。
これで最短時間で問題を解いていけます。


いつも応援ありがとうございます!
にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へにほんブログ村
| ジョン | TOEIC | - | - | pookmark |
スポンサーサイト
2017.03.02 Thursday 22:46
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |