<< 論文試験に向けて | main | 平成28年度弁理士試験短答式筆記試験合格発表 >>
弁理士と在宅勤務
いつも応援ありがとうございます!
にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へにほんブログ村

トヨタが在宅勤務を拡充というニュースがありましたが、弁理士は在宅勤務可能なのでしょうか。
結論からいうと、可能です。むしろ弁理士は在宅勤務に向いている職業でしょう。
実際、在宅勤務可能をアピールしている特許事務所もあるようです。
パソコンに向かって書類を書いている時間が殆どなので、集中できる空間さえあれば問題ありません。
もちろんクライアントや審査官などと話をする必要もあります。
その場合でも、メール、電話、FAXさえあれば問題ありません。
どうしても対面でクライアントと面談したり、審査官面接が必要な場合だけ外出すればよいのです。
問題は、自宅で集中できる空間を維持できるのかということです。
そもそも在宅勤務をする理由は介護や育児であることが多いと思いますが、
仕事よりも介護や育児を優先しなければならない場面も多いでしょう。
赤ん坊が泣いている中、仕事を継続するのは難しく、あやしに行かなければいけません。
そうなると、仕事がちょくちょく中断されることが前提になるので、
できる仕事量は通常よりもかなり少なくなります。
一方、在宅勤務では通勤時間がありませんので、その時間も仕事に当てることができます。
トータルでは、通常よりやや少ない仕事量であれば、支障なく在宅勤務できると思います。
| その他 | 05:17 | - | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 05:17 | - | - | pookmark |
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
2017年版弁理士試験 体系別 短答過去問 特許法・実用新案法・意匠法・商標法
2017年版弁理士試験 体系別 短答過去問 特許法・実用新案法・意匠法・商標法 (JUGEMレビュー »)
東京リーガルマインド LEC総合研究所 弁理士試験部
間違えた問題に印を付けて繰り返し問題を解きましょう。通勤時間の勉強にもおすすめです。
RECOMMEND
理系のための法学入門―知的財産法を理解するために
理系のための法学入門―知的財産法を理解するために (JUGEMレビュー »)
杉光 一成
理系にとってはなじみのない法律の基本を勉強するのに便利です。
RECOMMEND
RECOMMEND
工業所有権法(産業財産権法)逐条解説〔第19版〕
工業所有権法(産業財産権法)逐条解説〔第19版〕 (JUGEMレビュー »)

いわずと知れた「青本」です。弁理士試験の勉強を始めるなら最初に購入すべき参考書です。まずは辞書的に使用して、学習が進んできたら一度通読するとよいでしょう。
RECOMMEND
工業所有権(産業財産権)法令集 第58版(全2冊)
工業所有権(産業財産権)法令集 第58版(全2冊) (JUGEMレビュー »)

施行規則、様式等を参照する場合に重宝します。論文試験を受験すると法令集が貰えるので、論文試験を受けた人であれば買う必要はありません。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
パリ条約講話―TRIPS協定の解説を含む
パリ条約講話―TRIPS協定の解説を含む (JUGEMレビュー »)
後藤 晴男
最近、条約が重視されているので、再び重要になってきています。
RECOMMEND
法律学講座双書 工業所有権法〈上〉特許法
法律学講座双書 工業所有権法〈上〉特許法 (JUGEMレビュー »)
中山 信弘
特許法概説(吉藤)に代わる基本書として使用しました。キーワードを覚えて論文で使いましょう。
RECOMMEND
弁理士試験代々木塾式・判例セレクト知的財産法〈2〉
弁理士試験代々木塾式・判例セレクト知的財産法〈2〉 (JUGEMレビュー »)
大塚 康英,広田 浩一
判例セレクトその2もあります。
RECOMMEND
弁理士試験代々木塾式・判例セレクト知的財産法
弁理士試験代々木塾式・判例セレクト知的財産法 (JUGEMレビュー »)
大塚 康英,広田 浩一
判例の勉強法としては、この本だけでほとんど十分でした。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
リンクフリー
相互リンク
どのページでもご自由にリンクください。リンクタグを表示する
特許・弁理士関係のサイトの相互リンクも歓迎です。ジョン
広告
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE
SPONSORED LINKS